2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
励みになります★ にほんブログ村 マタニティーブログへ同じ想いの人がきっと見つかるよ★
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'08.04 (Mon)

流産(1)

05年7月 生理が来なくて何となく体もだるい感じが続いていました

これから子作りに励もうとしていた矢先の妊娠発覚

嬉しくて旦那と一緒に病院へ行きましたclover

2回目の診察の日にはエコーで赤ちゃんの心拍も確認できて

とりあえずはひと安心と先生にも言われたので、楽しい事ばかりを考える毎日を過ごしていました

3回目の診察の8月31日 いつも通り内診の前に、体重と血圧と体温を測り終え

紙コップを受け取り、尿検査のためにトイレへ・・・

尿を採り終え、トイレットペーパーに赤い色が見えた時

心臓がバクバクし始め、すぐにトイレからナースコールで看護婦さんに来てもらい

出血したみたいなんです!!!

「落ち着いてね、大丈夫よ、すぐに診てもらいましょうね」

すぐに待合室にいる旦那の元へ行き、少しパニックになって

出血したの すぐ診てくれるって」」

大丈夫なのか?」

わからない

でも、大丈夫だよね」

うん、きっと

すぐに名前が呼ばれて内診室へ  内診が終わりすぐに

先生から旦那も一緒に診察室へ入るように言われた

心拍の確認がとれないし、大きくもなってない、一応2日後に違う先生にも診てもらって、確認しましょう」とのことだった

この前エコーで診た時は小さな心臓がピクピク動いているのを確認できたのに・・・

何で?何がいけなっかたの?と自分を責めながら、旦那にもごめんねって謝ってばかりでした

旦那は「もしかしたら2日後にまた心臓が動いてるかもしれないよ」と

その時の私を励ましてくれていました

でも結果は変わらず、9週で流産してしまいました

この頃の流産は防ぎようがない、お母さんに問題があるわけじゃなく赤ちゃんの方の染色体の異常

育っていけない場合がほとんどだから・・・と説明をされ、流産後の処置手術を受けました

ずっと旦那がそばにいてくれて、またすぐに会えるよって支えてくれました

それから8ヵ月後の06年4月にとぁを妊娠する事になります
励みになります★ にほんブログ村 マタニティーブログへ同じ想いの人がきっと見つかるよ★
スポンサーサイト

テーマ : 妊娠・出産 - ジャンル : 結婚・家庭生活

11:37  |  過去の流産  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。